mion34’s diary

ハンドメイド、おしゃれインテリア、1歳女の子ママ、という切り口から色々とブログを書いています。おすすめのグッズなどあれば、ご紹介もしています。

超簡単!吊るすだけ!ドライフラワーの作り方

f:id:mion34:20210106000530j:plain

たった1週間で完成!手作りドライフラワー

 

記念すべき初めての投稿は…

手軽に挑戦できるドライフラワー作りをご紹介します。

たった1週間ほどで、通常購入するよりも半額の予算で作れちゃうので、ぜひ参考にしてください!

 

 

新居に引っ越して数日、おっしゃれな空間作りを目指してインテリア雑誌をパラパラめくっていると、掲載されている素敵なお宅には必ずといっていいほど、グリーンや生花、ドライフラワーが置かれているではありませんか!

その中でも、独特の雰囲気を醸し出すドライフラワーに目を奪われた私は、思い立ったが吉日!とりあえずドライフラワーを探しにお花屋さんへ行ってみました。

が、そこで驚いたのが、ドライフラワーのお高いことぉぉ。3種類程度のお花の束でも4,000円はくだりません。

てか生花を乾燥させたらドライフラワーになるんじゃないの?と思った私はその場で早速作り方を調べてみました。すると、注意すべき点だけおさえていれば自分でも作れそうだ!と思ったので、実際に作ってみました。ちなみに費用はお花代だけなので2,000円弱です。ドライフラワー買うよりも半額!

 

ドライフラワー作りで注意すべき点はたったの3つ。

1、ドライフラワーに適したお花を選ぶ

大体花屋さんに聞けば、ふさわしいお花たちを紹介してくれます。

2、直射日光のあたらない乾燥した場所に吊るす

私は自宅のサービスルームに吊るしました。

3、1週間~2週間程度、お花の状態を見ながら、ほったらかす

思う存分ほったらかしてあげることが大切です。

※花屋さんいわく、購入してから24時間くらいはたっぷり水を吸わせてあげること、余分な葉っぱは取ってあげること、このふたつもポイントみたいです。 

f:id:mion34:20210105235808j:plain

サービスルームで吊るされているお花たち

日に日に乾燥して雰囲気のあるドライフラワーに変化していく様子を観察するのは、なかなか楽しいです。12月の乾燥している時期だったので、1週間程度でしっかりドライフラワーになりました。

お花屋さんで買ったススキを添えて深緑の花瓶にさしてみると、結構いい雰囲気になりました。

f:id:mion34:20210106000530j:plain

1週間のほったらかし期間を経て出来上がったドライフラワー

ちなみにこちらが生花の状態です。生き生きとしたオレンジ色が魅力的で、このままでも十分美しいですね。

f:id:mion34:20210106000522j:plain

ほったらかし前の生花たち

 

今は我が家のダイニングテーブルに飾っていますが、これがあるだけで結構いい感じのお部屋に見える(気がします)

ぜひ皆さんも手軽なハンドメイド、ドライフラワー作り試してみてください!